誰も言わないオンライン英会話の10のデメリットと10のメリットを徹底解説

誰も言わないオンライン英会話の10のデメリットと10のメリットを徹底解説

この記事はこんな方におすすめ

  • ・オンライン英会話の本当に悪いところを知りたい
  • ・英会話教室とオンライン英会話はどっちがいいの?
  • ・英語学習にオンライン英会話ってどうなの?

英語学習をするにあたって、オンライン英会話や英会話スクールなどの教室、アプリや本、テキストでの独学、TOEICなどの資格対策講座など学習手段は色々とあります。そんな中で本当にオンライン英会話が自分にあっているか、オンライン英会話を受けると英語力が伸びるのか不安な人もいると思います。このページでは英会話教室との比較を中心に、オンライン英会話をはじめるか迷っている人へ向けてデメリット、メリットを10個ずつ解説します。すでに基本的な内容はわかっているよ。という方はどのオンライン英会話を体験すべきなのか、その選び方や無料体験レッスンが充実しているオンライン英会話の紹介もしていますので、そちらをご覧ください。

オンライン英会話の10のデメリット

講師との信頼関係が構築しにくい

英会話教室であれば対面でほぼ決まった講師と話せますので、講師側も受講生の特徴や現状を把握してのレッスンが可能ですし、何より信頼関係が生まれやすいです。オンライン英会話では講師もたくさんの生徒とマンツーマンレッスンを行い、毎回レッスン内容も違います。もちろん過去の受講履歴は共有されていますが、生徒一人一人のレベルまでは受講前にしっかりと把握しているわけではありません。そのため日々のレッスンで細かくその人にあった指導ができるかというと、その点は英会話教室の方が優れていると考えて良いです。一方で自分で講師が選べますのでリピート予約で同じ講師の予約も可能ですので、やり方次第でこの点はクリアにはなります。

英語学習仲間がいない

英会話教室ではグループレッスンも多く、同じクラスの仲間がいます。英語学習がどれくらい進んでいて、今何を中心に勉強していて、お互いにどれくらい英語が話せるようになったのか、など授業以外の時間で英語学習の状況を話せます。同じクラスの生徒が英語が話せるようになることで、「自分ももっと頑張らないと」「○○さんに負けてられない」といった意欲もわきます。オンライン英会話ではマンツーマンレッスンで講師も毎回違いますので、英会話教室と比べると孤独に感じたり、自分一人で黙々とレッスンを受けなければなりません。

学習プログラムのサポートが薄い

オンライン英会話では学習プログラムを自分で決めるのが一般的になります。もちろん入会前後で日本人カウンセラーに相談ができるサービスもあり、学習計画を立てるサポートはしてくれますが、カウンセリングの時間が15分〜30分と短く、英会話スクールと比較するとサポートは薄いと言えます。一方で英語学習アプリや独学と違い、レッスン後のフィードバックのタイミングで講師から「次はこの教材が良いよ」などのアドバイスをもらうことも可能です。英会話教室ではレッスン時間以外でも講師と話す機会もあり、悩みも直接講師へ相談できます。オンライン英会話では学習スケジュールや目標を事前にしっかり設定したり、はじめた後も自分がどのくらい英語力が伸びているのか、講師に頼らず把握する必要がありますので、ある程度は自分自身で学習管理ができる人でないと難しく途中で断念してしまうというケースもあります。

強制力がなく継続が難しい

レッスンスケジュールを全て自分でコントロールする必要がありますので、モチベーションが下がってしまったり、「今日は受けなくていいや」「明日は受けよう」といった風に、ついつい予約をせず、気づいたら長い間レッスンを受けていない・・・といったことがあります。スクールの場合はスケジュールがしっかりと決められていたり、特定の講師とのコミュニケーションもありますので、「講師に申し訳ない」「講師から注意さえる」など、ある意味でプレッシャーもあり強制力があります。いつまでにどのくらいの英語力を目指すのか、しっかりと目標設定をしないと、継続できず退会してしまうことになってしまいます。

インプット不足にになるリスクがある

英語学習においてはインプットとアプトプット両方が必要となりますが、英会話習得までの効率を考えるとオンライン英会話だけでなく別の時間でインプットもした方が良いと言えます。わかりやすく言うと英語初心者が単語をオンライン英会話で学ぶこともできますが、単語だけなら本やアプリでも学習はできます。単語は独学でアプリやテキストで学びつつ、オンライン英会話でスピーキング力を伸ばす方法がおすすめです。オンライン英会話だけでももちろん良いのですが、英語を話せるようになるまで、長期間かかってしまいます。オンライン英会話が楽しくて、毎日25分でインプットとアウトプットを行う人も多いですが、独学でインプットをしないという方法はあまりおすすめはしません。

講師の質にばらつきがある

レッスン回数が少ない講師歴が短い人も中にはいますので、指導力にバラツキがあると言えます。また英語の指導力というよりも、コミュニケーションや講師教育の部分で満足にいかないケースもあります。例えば「自己紹介や挨拶もなくすぐにレッスンへ入った」「25分たったらすぐに切られた」「英語をうまく話せないとやれやれといったリアクションをされた」などです。オフィスではなく自宅からレッスンをする講師もいますので、講師の部屋から雑音が聞こえたり、講師がレッスンに集中していない、といった声も聞きます。オンライン英会話の講師は合格率1〜5%と厳しい採用基準をクリアしているといっても、まだまだ講師の質にバラツキがあるのが現状です。一方で講師歴も長く素晴らしい講師の方がもちろんいますので、お気に入りの講師が見つかればこの点もクリアにはなりますが、最初は色々な講師のレッスンを受ける中で、不満に思うこともあると覚悟はしておいた方がよいですね。

講師を選ぶ手間がある

レッスン予約時に毎回講師を選ぶ必要があります。その点はメリットと感じ、苦なく楽しく選ぶことができれば良いのですが手間に感じる方もいますので、デメリットとも言えます。最初は色々な講師を試して、少しづつお気に入りの講師にしぼっていくことをおすすめしますが、それまでは少しストレスに感じるかもしれません。検索機能や講師プロフィールが充実しているため選ぶのが楽しい!という人もいますが、一方で毎回探すのが手間と感じる人がほとんどですので、手間がかかるのはデメリットですよね。

人気講師は予約しにくい

気に入った講師がいても人気講師の場合は予約がしにくい場合もあります。予約が埋まってしまっていると、新しく別の講師を予約をしなくてはならないケースもあります。直前予約ができる一方で、やはり事前に予約をした方が人気講師が予約しやすいと言えます。講師の質のバラツキがあるため、お気に入り講師の予約ができず、別の講師をはじめて予約して、あまり良くなかった。。。といった場合もありますので、講師選びで失敗してストレスに感じることもあります。

講師のキャンセルが発生することもある

事前予約していたのに、直前で講師都合でキャンセルといったことが稀にあります。キャンセルとなった場合、別の時間帯で別講師を予約する必要が生じますので、その点はスクールと比較してデメリットと言えます。例えば18時から講師を予約していて直前、5分前にキャンセルとなった場合は、次は18時30分からの予約になってしまうなど、すぐに別講師を予約して、同じ時間帯でレッスンを受けるということができない場合もあります。もちろんレッスンキャンセルにより料金はかかりませんが、自分の時間がうばわれてしまうことも、たまにあると考えた方がよいです。

ネット回線次第で別時間に変更となる時がある

オンラインレッスン時にネット環境が悪く、双方の画像や音声が届かない、不鮮明ということも稀にあるようです。もちろんその場合は無料で別レッスンの受講が可能となりますが、1レッスン25分が無駄になってしまい、別の時間帯での受講が必要となります。オフィス勤務している講師の場合はあまり無いのですが、自宅からレッスンを提供している講師の場合は稀にある様です。また台風がきているときなどは、ネット回線が悪くなるケースも多いです。

オンライン英会話の10のメリット

料金がとても安い

入学金や教材費などの初回費用もかからず、月料金も6000円前後が相場となります。1レッスンの単価で150円〜250円ほどの単価で利用できるサービスもあります。サブスク系アプリと比較するともちろん費用は高く見えますが、外国籍講師とのマンツーマンレッスンができる英会話学習の場合は、スクールと比較すると非常に安価であることがわかります。ちなみに英会話スクールの場合は月1万円〜3万円が相場で、その他スクール管理費、レッスン費、別途交通費が必要になります。料金の安さはオンライン英会話の大きなメリットの一つです。

自由な時間で受講できる

早朝から深夜まで利用できるサービスがほとんどで、中には24時間対応しているケースもあります。出勤前や朝の見送りや家事が終わったあと、お昼休み、仕事が一段落したタイミングや、仕事終わり、就寝前など自分のライフスタイルに合わせて、好きな時間で受講ができます。教室の場合は移動もあり、どうしてもまとまった時間が必要となりますが、オンライン英会話の場合は受講タイミングを自由にコントロールできるのもメリットです。

予約、キャンセルが簡単にできる

ふとした時に「時間が空いたから今すぐに受講したい」という時もあるかと思います。オンライン英会話では講師の数がとても多いことも特徴ですので、直前にレッスンを予約してすぐに受講できることも良い点です。前日などに事前予約の必要がありません。ほとんどのオンライン英会話が5分〜15分前から予約が可能です。またキャンセルも30分前までであれば特にペナルティもありません。このあたりの柔軟性はオンライン英会話ならではのメリットです。

好きな講師を選べる

講師は毎回自分で選んで予約をする形になります。簡単なプロフィールや講師の評価なども見れますので、男性、女性、年齢、国籍、プロフィールなどから好きな講師を検索して選べます。また講師はフィリピン人がほとんどですが、中には多国籍対応しているサービスもあり、今日はフランス、明日はアメリカなど楽しく選ぶことができます。留学や仕事で特定の国に行くことが決まっている、もしくは仕事で接点の多い人の国など、特定の国籍を選んで講師を検索できますので、その国の日常生活などリアルな情報をレッスンを通じて聞くこともできると思います。色々な講師のレッスンを経験し、特定の講師をリピート予約したりなども可能ですので、自分と合わない講師がいた場合にも、別の講師を予約できますので安心ですね。「この講師は楽しいし教え方も素晴らしい!」となった場合はお気に入り講師としてブックマークし、リピート受講もできます。

好きな教材を選べる

教材は無料で豊富な種類があります。初心者には挨拶から基本的な単語学習、フレーズ、文法。中級者にはスモールトークや簡単なディスカッション、デイリーニュース。上級者にはビジネスシーンを想定したものや、ディスカッション用の教材もあります。子供向けのキャラクターを使ったものから、中高生には受験用、資格を取りたい人には専用教材もあります。ほとんどがオリジナルの教材になりますが、中には他の会社の教材を取り扱うオンライン英会話もあります。自分のレベルややりたい教材を自由に選べるのも良いですね。

移動時間がなく好きな場所で受講できる

通学の必要がなく、またPCやスマホがあれば受講できますので、まとまった時間の確保をする必要がありません。英会話スクールの場合、教室へ移動して受講して帰宅して・・・と2〜3時間はかかりますが、オンライン英会話は1レッスン25分だけになりますので時間的にも非常にコスパが良いと言えます。場所も自宅以外に喫茶店や会社でも受講できますので、外出先でもできるのが便利です。最近ではスマホアプリで高性能のレッスンルームを提供しているオンライン英会話も増えています。スマホでスカイプを利用してのレッスンの場合、教材と講師の顔を行ったり来たり、ということもありましたが、専用アプリがある場合は同時に表示できるため便利になってきました。

マンツーマンで効率的に学べる

オンライン英会話はマンツーマンレッスンが基本となります。グループレッスンなどは原則ありません。自分のレベルに合った教材選びもできますし、講師も自分だけに向けてレクチャー、フィードバックをしてくれます。英会話は継続できるかが重要な点になりますが、講師がその日のレッスンでできた点、できなかった点、改善点などを的確にフィードバックしてくれますので、成長実感が生まれ継続もしやすいと思います。

アウトプット量が担保できる

料金面でいくと独学やアプリでまずは学習をと考える方も多いかと思います。単語やフレーズ、文法を学ぶなど、インプットはもちろん重要になりますが、アウトプットすることを前提にインプットをしないと学習効率はあまり良くありません。英語学習ではインプットだけでなくアウトプットが重要となり、アウトプットの機会を持つことが継続の秘訣です。英会話習得をするにあたって独学だけだと単語やフレーズ、文法は学べても実際に話せるかというスピーキング力が伸びにくいといえます。会話は瞬時に英語を頭の中で日本語に変換して理解し、更に脳内で日本語を英語に変換して話すというのが最初の流れですが、英会話になれてくると日本語変換せずに英語でスピーディーに会話ができるようになります。この瞬時に理解してスピーディーに会話をするというのが、独学だけでは難しく、実際に外国人講師と会話をすることでスピーキング力もつきます。インプットしたことを実践を交えてオンライン英会話でアウトプットすることで、「前はこのフレーズを言えなかったのに、今日は言えた。成長できたな」といった成功体験をもとに学習の継続にもつながると思います。楽しく少しずつ継続できた方が良いですよね。

入会、退会、休会、再開がしやすい

英会話教室の場合は書類が必要になる場合もあります。退会も2ヶ月前に窓口で手続きが必要なことが多いです。オンライン英会話の場合はすべてネット完結です。支払いが基本的にクレジットカードになりますが、支払日の1〜2日前に退会申請をすれば、すぐに退会できますので、わずらわしい手続きが必要ありません。加えてほとんどのオンライン英会話が休会もでき、休会期間にしばりもありません。そのため忙しくなったり、一時的にレッスンを受講できなくても、休会、再開も自分の好きなタイミングでできるので、非常に便利です。

予習、復習がしやすい

教材はネット上で公開されていますので、いつでも見ることができ、レッスンの予定に合わせて予習ができます。またリアルで対面するスクールと異なり、オンラインの場合は録画、録音できるケースもあります。またチャット機能が充実していますので、レッスン中に講師が間違っている所や、良い点などを送ってくれますし、レッスンがどうだったか、良かった点、もう少しこうした方が良いという改善点をレッスンノートとしてフィードバックが形として残ります。録音、録画についてはスカイプ対応をしているサービスに限定されますが、録音、録画ができなくてもレッスンノートで過去のレッスン履歴は全て残りますので、オンライン英会話ではマイページにログインすればいつでも簡単に予習、復習ができます。

まとめ

オンライン英会話にもデメリットがあります。それはやはり対面ではないことです。講師との信頼関係や英語学習仲間がいないため、強制力がなく英語学習を継続するには自分自身で学習スケジュールを管理する必要があります。一方で、英会話教室を比べて安いこと、お気に入り講師を見つけることで、楽しく学習を継続することができれば、多くのデメリットが解決でき、メリットのほうが多いと思います。オンライン英会話のデメリットを理解いただいた上で、講師の質はどうか、継続して取り組めるか、不安を解消するために、まずは無料体験レッスンを受けてみることをおすすめします。どのオンライン英会話を体験するか悩まれる方には選び方についても解説していますので参考にしてみてください。
あわせて読む
レアジョブ英会話
レアジョブ英会話の口コミ・評判

-オンライン英会話ガイド
-,

© 2021 EigoBase